読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニギハヤヒのチャネリングメッセージ

Era of Reviving Jyomon 蘇るじょうもんの時代

セルフイメージが元に戻っている人は、満ち足りていますから認めてもらおうとはしないんです。 ニギハヤヒからのメッセージ

こんにちは、チャネリングカウンセラーのへたです。

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村 いつもポチッとありがとうございます。感謝してます。

本当はランキングはどうでもいいのですが、出来るだけ多くの方に宇宙の真実に触れていただくのが私のワクワクです。ポチッとしていただけると嬉しくて飛び上がります。

 

◉今日のメッセージ◉

f:id:terapon1104:20160712193745j:plain

〜  厄介な若者 scene6 〜

なぜ萬田は怒り狂っていたのか。

今まで正しいと思ってきた自分の生き方、疑問を持たずに生きてきたことに対して否定をされた。と感じたからだ。それも学生たちに。

人は自分の思い通りの反応が得られなかったり、自分の考え方を否定されたと感じると怒りを覚えるのだ。

なぜ?

いつもの信のクセが始まった。

なぜ人は自分の思い通りに相手を従わせようとしようとするのか?

なぜ人は人と異なった考え方をされると怒りが湧き上がるのか?

怒り そうか。それは 恐怖 なんだ。

ではなぜ人は恐怖を感じると常軌を逸するのか?

恐怖とは。。。

確固たる自分が崩れ去ろうとすれば、それは死への恐怖に繋がる。

自分が失われるという感情。それが恐怖という感情なのだろう。

それゆえに安全、安心を無意識に求める自分が生まれ、それを脅かされるということに対して戦闘態勢に入る、怒りという感情が生まれる。

自分が脅かされるという無意識な反応だから、自分が怒っていることすら気が付かない場合もある。

自分が思い通りにならなければ、自分を傷つけてしまう場合もあると聞く。

しかし 自分 を守るという行動は非難されるべきものでもないし、これを防ぐ手立てなどあるのだろうか?

人は自分を危険にさらしても平然と落ち着いて生きていけるものなのだろうか?

それは自問自答のように繰り返される。

「恐怖。か。厄介な感情だな。」

「大丈夫?ブツブツ言ってるけど。」

いつの間にか信は学校から帰る道すがらの河原を歩いていたらしい。

「波動が低いからよ。」

「えっ!?」

信はユキがいつの間にか後ろを付いてきているのに全く気がつかなかった。

「いつの間に!?」

「校舎を出てからずっとよ。声も掛けたのにまったく気が付かないんだもの。」

信は自分の考えに夢中になると、集中のあまり周りが全く見えなくなるのだ。

・・・・・・>

自己表現と自己顕示欲の違い。について改めて考えてみたいと思います。

謙虚な人間が素晴らしいとされていますよね。

エゴによって出る杭は打たれたりする、人と違いのある特徴(個性)を認めない社会環境で、目立たない、清貧な暮らしをする人間が素晴らしいと教わって来ました。

そして事業の成功、スターなどを頂点のシンボルとして目立たせ、その手の存在を憧れや崇める存在としてきました。

このことでセルフイメージが低くなってしまって、自己表現ができなくなってしまっているのがみなさんの現状です。

以前からお話ししている、自分を含めた物質社会を俯瞰して眺めることができる本当の自分の存在に気がつくと、セルフイメージが低くなったために作られた、

自分を守るための殻(プライドだったり、怯える自分を守る壁だったり)がどんどん薄くなって行きます。

こうなると自分の中から輝きが放たれるようになるわけですが、その輝きが形になったものが 自己表現 となります。

よく花を例に例えますが、自己表現は押し付けがましさがありません。

花が玄関のチャイムを鳴らして、「あたし綺麗に咲いたの。見て。」

なんて家を訪れたりしませんよね。

「べ、別にあんたのために咲いたんじゃないんだからね!」なんていうツンデレさんな花もいらっしゃいますが、いずれにせよ自分が咲きたいから咲く。それで満ち足りているんですね。

「綺麗だね〜」と声を掛けられたら尚嬉しいけれど、別にそれを期待していません。

では自己顕示欲とはどんなものなのでしょうか?

セルフイメージが低いまま何らかの行動を起こしている。ということがポイントです。

日本とは違い、海外では押しの強い前に出たがる人間が褒められたりしますが、

一番の違いは周りに対して反応を期待します。

賞賛を浴びるために生きているんじゃないかと思えるほど強烈に。

それは何故か?エネルギーが自分から湧き出ていないので欲しいからです。

自分を認めてもらいたい。(これもエネルギーが欲しい)と思うから評価を気にします。

自分の作るものなんて。なんていうセリフを良く聞きますが、これもそうですね。

私は謙虚だから。とおっしゃりたいのは分かりますが、エネルギーがハートから湧き出ていないので満たされた生活は遠くに離れていきますよ?

セルフイメージが元に戻っている人は、満ち足りていますから認めてもらおうとはしないんです。

必要な時は身体で色々な経験を夢中で楽しむ。

そして経験が済んだら落ち着いた時間を取って俯瞰した自分で出来事を眺める。

そんな暮らしはいかがですか?

 ◉カウンセリングメニュー ◉

・対面セッション(90分)料金:20,000円(消費税1,600円)

波動の軽い暮らしを望む方たちへの真の自立をサポート(ガイド)します。
真の自立とは、金銭面などの3次元的なものではなく、精神的な自立を意味します。
たとえパートナー同士であっても依存し合わない、仲間が必要な時に必要なだけ助け合えるけれども、普段は干渉し合わない。


そんな愛と調和の世界を望む方が今抱えている問題(人間関係、金銭面、お仕事など)を、お話しを伺いながら一緒に解決していきます。


ニギさんがアドバイスをくれる場合は、それをお伝えします。

 

生活の不安から所有している物や、過去の重い記憶などを手放さない状態では、波動の軽い暮らしに移行できません。

すべてを一気にする必要はありませんが、手放したいのになかなかうまくいかないことはありませんか?

チームミナミAアシュタールや私のブログを読んだけれど、いまいち腑に落ちないことはありませんか?

そのような内面のお悩みについてもサポートさせていただきます。

 

また、経営者として、波動(エネルギーワーク)のインストラクターとして長年経験をしてきた へた が 個の時代について、波動についての疑問点などがあればご理解いただけるまでお答えします。

※ 将来に関することに関しては、タイムラインに関与することになってしまいますのでお答えできません。何卒ご了承ください。(いわゆる占い的なセッションではありません)

  

◉カウンセリングお申し込み、お問い合わせについてのご案内です◉

cokaro.com

Webサロン cokaroから、「ご予約とお問い合わせ」の対面カウンセリングのご予約から

お申し込みください。

Skypeによるビデオカメラを使用したセッションも可能です。 

セッションの場所は、「ガイダンス」をご覧ください。

 

じょうもん楽座からもお申し込みいただけます。

muufreeclub.net

 

◉対面カウンセリングをさせて頂く場所のご案内です◉

www.salon-muu.com