ニギハヤヒのチャネリングメッセージ

Era of Reviving Jyomon 蘇るじょうもんの時代

愛を語れば創造のエネルギーが湧き上がり わがままを語ればハートは枯れてくる アシュタールからのメッセージ

f:id:terapon1104:20160214200103j:plain

わがまま とは

かまって欲しかったり

自分の思い通りに

周りを動かしたかったり

いずれにせよエネルギーバンパイアに

なっているからの振る舞いです

最初は気に入られたいからと

着いてきてくれるかもしれませんが

エネルギーを取られることで

やがて相手は疲れます

ワクワクな夢を語りましょう

その想いにはエネルギーが乗り

必ず共感してくれる相手が

あなたのタイムラインに

現れるのですから

 

転載元:

ameblo.jp

「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

対立すると、対立が返ってきます。

あなたが出したエネルギーが返ってくるのです。

コントロールのエネルギーを出すと、対立のエネルギーが返ってきます。

その時、一時はコントロール出来たと思うかもしれませんが、コントロールされた方の中に

少しづつ対立のエネルギーが蓄積され、それがあふれ出ると対立のエネルギーが暴発して

大きな対立のエネルギーがあなたに返って来ることになります。


子どもたちが大人に反抗するのは、大人たちがコントロールのエネルギーを出すからです。

コントロールのエネルギーに反発するのが、あなた達が反抗(期)と呼んでいるものなのです。

子どもが反発したり、しゃべらなくなったり、暴力をふるいはじめるのは、コントロールに

対しての反応なのです。


子どもだけでなく、人は誰でもコントロールされることを嫌がります。

コントロールから逃げたくて仕方がなくなるのです。

でも、損得勘定をして我慢して逃げずにいると、ストレスが溜まりどんどん自分の中の

エネルギーが枯渇していきます。


コントロールのエネルギーを感じたら、そこから離れるようにしてください。

コントロールに対立のエネルギーで返そうとすると、もっとコントロールが強くなります。

対立のエネルギーに対立しようとすると、もっと対立が強くなり、結局力勝負となり、

力の強い方が勝つことになるのです。

負けた方は、今度は勝った人からコントロールのエネルギーを受けることになります。


どちらにせよ、いい関係ではいられなくなるのです。

いい関係を持ちたければ、調和のエネルギーを返してください。

対立のエネルギーも、コントロールのエネルギーも、調和のエネルギーには無力なのです。

あなたが調和のエネルギーでいれば、どちらのエネルギーもあなたに影響しません。

波動が違うからです。

波動が違えば、影響を受けることがないのです。


もしいまあなたが、私のまわりは敵ばかりだ・・と思う状況にあるとしたら、

それはあなた自身が対立のエネルギーを出しているからです。

周りの人たちのエネルギーを感じることが出来れば、いまあなたが出してるのがどのエネルギー

なのかがわかります。

自分が出しているエネルギーがわかれば、自分で自分のエネルギーを変えることが出来ます。

エネルギーを意識的に変えることが出来るようになれば、あなたの周りの現実も意識的に

変えることが出来るのです。


エネルギーを変えることが出来れば、パラレルワールドを移行することが出来るのです。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」

 

 

夢や欲求のない人間はいませんよね

相手がそれにワクワクするならば、周りから見てわがままに見えても

それで良いのかもしれませんし、

それがパートナーであれば程良い刺激にもなるのかもしれません。

聖人君子である必要はありませんが、

エネルギーバンパイアにならずに夢という愛を語りませんか?

 

他人の引き寄せ体験ほど役に立つものはない。3000倍、引き寄せる。2 (リンダパブリッシャーズの本)

他人の引き寄せ体験ほど役に立つものはない。3000倍、引き寄せる。2 (リンダパブリッシャーズの本)