読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニギハヤヒのチャネリングメッセージ

Era of Reviving Jyomon 蘇るじょうもんの時代

どんなツールを持ってきたかではなく、今の自分の在り方がどうなのかが大事 アシュタールからのメッセージ

f:id:terapon1104:20160202103948j:plain

あなたは素の個性に加えて

今の転生を楽しむために

様々なツールを身に付けてきました

どんなツールを持っているかは

まったく重要ではありません

蒼い海にそっと眠る

様々な人々の経験がツールであり

あなたが 今を 創造するための

波動の使い方が記されたマニュアル

でしかないからです

外の目で欲しがらないでください

内からの思いが溢れてくるならば

それはあなたの 今 なのですから

 

転載元:

ameblo.jp

 

「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

人のまわりには(人だけではありませんが・・)エネルギー体、エネルギーフィールドが

あります。

目には見えませんが、身体の外側に物質化していない身体があるとイメージしてください。

たとえば、身体のまわりに風船のようなものがある・・風船の中にあなたが入っている・・

そんな感じです。

それが、あなたの感覚なのです。

その風船に誰かのエネルギーが触れると、違和感を感じるのです。

自分のエネルギー以外の物に触れると、センサーが発動するのです。


その触れたエネルギーによって、センサーもいろいろな音を出します。

自分に合わないエネルギーだと、ビービーとうるさくなります。

だから、違和感は大きく感じるのです。

でも、合うエネルギーだと、センサーはそんなに反応しませんので、違和感を感じることが

無いということです。

良い悪いではありません・・合う、合わない・・という判断です。


気が合う、合わない・・と言うのは、このエネルギーの感覚なのです。

波動が似てる、とも言えます。

人は、動物も植物も鉱物もそうですが、このエネルギー体(風船)でほとんど判断します。

人は特に頭でいろんなことを判断していると思っていますが、

実は最終的にはすべてこのエネルギーがどう感じるかで判断しているのです。

第一印象・・と言うのもこのエネルギーの判断なのです。

何かが違うと思うのも、このエネルギーなのです。


自分のテリトリー(風船の中)に入れてもいい相手か、それとも入れたくない相手なのか?

それが重要な判断材料なのです。

何か違和感を感じたけど、それは気のせいだと思って、頭でいろいろ条件などを考え

判断すると、なかなかうまくいかなくなるのは、このエネルギーの相性が良くない

(波動が合わない)からなのです。

仕事でも、私生活でも、エネルギーの相性はとても大切ですので、目に見える条件などで

決めずに、感覚を大切にしてください。


常に、自分の風船の感性を意識するようにしていれば、その感覚は研ぎ澄まされ、

よくわかるようになります。

感性(エネルギーの風船)が研ぎ澄まされてくると、エネルギーでたくさんの情報を得ることが

出来るようになります。

テレパシー的なことも、この風船の感性で行っているのです。


風船は、感情も感じるセンサーになります。

どんなに顔でニコニコしていても、怒りの感情などを持っていたら、それがエネルギーの風船に

素直にあらわされますので、隠すことが出来ないのです。

怒りがある時は、風船がトゲトゲとしているので、その風船に触れた人は痛みを感じて、

離れようとします。

楽しいエネルギーの風船は、柔らかく暖かく感じますので、気持ちが良いので人はそれにもっと

触れたいと思うのです。


風船のふれあいが人間関係だということです。

それが、自分以外の存在との距離感なのです。

風船が大きい人もいれば、小さな人もいます。

それは個性です。


犬とかネコとかに近づくときも、この距離感が大切ですね。

怖がりの犬は、風船が大きいのです。

だから、あまり知らない人が近づくことを嫌がります。

人懐っこいと思われる犬は、風船が小さいので、距離をあまりとらなくてもいいのです。


肉眼で見える存在だけではなく、見えない存在もこの風船で感知することが出来るのです。

エネルギーの風船は、たくさんの情報をあなたにもたらしてくれます。

ですから、先ほども言いましたが、風船の感覚を研ぎ澄まし、そこから得る情報を頼りにする

ようにしてみてください。

波動が変わり、どんどん軽くなるにつれ、頭(マインド)の外からの情報が

大切になってきます。

今までのマインドの知識では、理解できないことがたくさん出てきます。

その時に必要になるのが、感覚から得る情報になるのです。


身体のまわりにあるエネルギーの風船に意識を持つようにしてみてください。

意識を持つと意図すれば、風船の感覚が良くわかるようになります。


今日お伝えしたことは、マインドで理解しようとせずに、感覚的に受け取って

いただければと思います。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」


 

才能(ツール)を持っている人を羨ましがる必要はどこにも

ないと思いませんか?

ツールとは単にマニュアルですから、無ければできないのかといえば

そうでもありません。

持ってきた人に比べて使いこなすまでに時間がかかるという

程度のものです。

本当にハートからそれをやりたい!と思うのならば

それをやれば良いのではないでしょうか?

 

どうせやっても一流と評価されないからやらない?

どうせあの人には敵わないからやらない?

比較の目を手放して、本当に湧き上がってくる思いを

感じてみませんか?

 

波動に敏感になれば、ツールの最高最善な活用方法が自然と湧き上がってきます。

 

他人の引き寄せ体験ほど役に立つものはない。3000倍、引き寄せる。2 (リンダパブリッシャーズの本)

他人の引き寄せ体験ほど役に立つものはない。3000倍、引き寄せる。2 (リンダパブリッシャーズの本)