ニギハヤヒのチャネリングメッセージ

Era of Reviving Jyomon 蘇るじょうもんの時代

自分にとってハートの幸せとは何かを自覚しなければどこにいても楽しむことはできない さくや姫からのメッセージ

f:id:terapon1104:20151205171730j:plain

死は怖いものだと思い込まされ

生活にお金が得られなければ

待つのは死だと刷り込まれ

仕事を得られなければ

不安に取り憑かれるようになりましたね

生きることを諦める必要はありませんが

生きることに執着すればそこには

何かにすがる生き方しか得られないのです

檻の中で暮らすなら

覚悟して暮らしましょう

自分の環境にため息をついても

何も変わらないのですから

 

転載元:

ameblo.jp

「電車が止まったんだから仕方ないじゃない・・??

もう、こんな忙しい時に何やってくれちゃってるのよぉ~~・・ほんっと迷惑!

早く、連絡しとかなきゃ・・


ここまでで思考が止まってない??

その先も少し考えて・・いつも言ってるけど、どうしてみんなで同じことを一斉に

しなければいけないの?

どうして、自分で好きな時間に会社や学校に行くということも選択出来ないの?

決められてるから??

誰に?

だって、それが普通の社会のルールだから??


そこで思考を止めないで!

決められてるから・・ルールだから・・常識だから・・

この言葉は、思考停止の言葉!


思考停止すれば楽かもしれない。

でも、思考停止すれば、自分で決めるという自由も手放すことになる。


ルールは、誰のためにあるの?

ルールは、自分を守ってくれるものだと思ってる?

ルールは、あなたを縛るための物なのよ。

守ってくれているんじゃなくて、あなたをコントロールするためのものなの。


一斉に同じことをさせれば、支配者が楽だから・・支配しやすくなるから。

それぞれ好き勝手に動かれたら、支配するのが大変になるからね。

放牧されている牛たちが、チャイムひとつで自分で檻の中に入ってくれれば、牛を飼っている

人達はとても楽でしょ?

はっきり言って、あなた達もそういう状況におかれているってこと。


学校でもチャイムひとつで、大勢の子どもたちが一斉に同じ方向へ動くでしょ?

自分で自らすすんで・・今度チャイムが鳴れば、次はこういう行動、次はこれ・・

自分で今度は何がしたいとか、そんなことは考えない。

もし、自分で考えて行動しチャイムに従わなければどうなる?

叱られて、罰を与えられて、それでも従わなければ別のところに連れていかれる。

今の学校制度では、チャイム(偉い人の命令)に従えない子は、病気だと診断される。


心の中でチャイムに反抗している子たちは、叱られて、罰を受ける姿を見せしめのように

見せられてたら、怖くなってシブシブでもチャイムに従うようになってしまう。

シブシブ従っているうちに、自分の意見を持つと苦しくなるから、自分で意見を持たないように

考えないようになってしまうのね。

で、チャイムに反射的に従う人が出来上がる・・ってこと。


だから、電車が止まってとても大変な状況になっても、電車が止まって困ったわ、

ホントに迷惑よね・・で思考が止まってしまうの。

どうしてこんなに一斉に動かなければいけないのだろうか?・・という思考には至らないのよ。


ルールだから・・みんながやってるから・・という思考が働いたら、

もうちょっと先まで考えることを意識してみて。

私がこれをすることで、だれのためになるの?・・って。

このルールは、誰にとって得になるの?・・って。

みんなが一斉に何かしなきゃいけない理由は何?・・って。


もう一歩、深いところに思考を持っていく習慣をつけてちょうだい。

そうすれば、チャイムに従わない選択も出来るようになるわ。

チャイムが鳴っても、知らん顔出来るようになる。


人が鳴らすチャイムで、自分の人生を決められたくないでしょ?

自分の人生は、自分で決められるのよ。


あなた達を心から愛してるわ~~」

 

 

自分にとっての満ち足りた生活が物質的なものであれば

それを覚悟して楽しみましょう

自分にとっての満ち足りた生活がハートから湧き出る喜びであれば

そこに向けて自分の足で歩みましょう

自分自身の覚悟なしにはどちらにも揺れるのです

 

揺れればハートはマインドとの乖離で苦しみを生むだけです

誰もその苦しみを救うことはできません

あなたのハートの王国は誰にも侵害できないのですから

 

他人の引き寄せ体験ほど役に立つものはない。3000倍、引き寄せる。2 (リンダパブリッシャーズの本)

他人の引き寄せ体験ほど役に立つものはない。3000倍、引き寄せる。2 (リンダパブリッシャーズの本)