読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニギハヤヒのチャネリングメッセージ

Era of Reviving Jyomon 蘇るじょうもんの時代

どんなに知識を得ても波動に敏感にならないと軽くはなれない アシュタールからのメッセージ

f:id:terapon1104:20151126222801j:plain

波動の重い方向に向かっている存在が
一番好むエネルギーは何でしょうか
それは対立のエネルギーです
ありとあらゆるところに
争いごとを起こすように
家族の中でさえも
競わせるように仕向けられてきました
そのエネルギーを差し出す必要が
どこにあるのでしょうか
軽い方向へ向かうのならば
生活の中にあるその企みに
気が付きましょう
ハートを逸らすだけで
軽くなれるのですから
 
転載元:

ameblo.jp

 

「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

宇宙には、善悪はありません。

波動には善悪の判断はありません。


あなた達が考えている善悪と言う概念は、あなた達の社会だけのものです。

あなた達の社会だけで通用する考えかたにすぎないのです。

あなた達の言葉にも・・所変われば品変わる・・というものがありますね。

場所が変われば風習や慣習、常識は変わります。


あなた達の小さな世界の中でもそうですね。

ならば宇宙では、もっとそうです。

あなた達の判断のもとである善悪という概念は、宇宙では通用しません。

ですから、善悪で宇宙を、そして宇宙に存在するすべてを判断しないでください。

善悪で判断してしまうと、もっと迷子になります。


宇宙は善悪では動いていません。

すべては、それぞれの意識なのです。

意識のエネルギーが向かうところに、その意識が見る現実が出来ます。

その現実は、善悪ではないのです。

ただ、意識がどのような世界をつくり出すか・・それだけなのです。

その意識に向かって、あなたの創りだした現実は悪だから間違っています・・

と言える存在は誰もいません。

分かりますか?

すべての意識は自由になんでも創造していいのです。

それが、宇宙を創っている絶対無限の存在の願いなのです。

どんな体験でも、絶対無限の存在にとっては素晴らしい体験なのです。


この体験は善であり、これは悪である・・なんてことは全くないのです。

善がよくて、悪が悪い・・という概念さえありません。

言っていることが伝わっていますでしょうか?


すべては、OKなのです。

愛を体験することも素晴らしい経験であり、愛から離れることも素晴らしい

体験なのです。

どのような体験をするかは、個が決めればいいのです。


あなたも善悪での判断を手放してみてください。

とても自由になれます。

善悪の判断は、あなたを縛るために作られたものです。

善悪と言う判断の基準をあなた達に教え込んでいれば、あなた達はそれを基準に

考えるようになります。

そうすれば、あなた達の思考を操作することが出来るからです。


宇宙にはしてはいけないことはないのです。

何をしてもいいのです。

あなた達が、悪だと言っている行為もOKなのです。

それも絶対無限の存在にとっては、素晴らしい体験だからです。


愛に基づいた体験なのか? 愛から離れた体験なのか? それだけです。

あなたがどうしたいか・・それだけなのです。

愛を経験したいならば、愛から離れようとしている存在と離れればいいのです。

方向が違うならば、住み分ければいいのです。

干渉する必要はありません。

お互い素晴らしい経験として、尊敬し、離れればいいのです。


善悪の判断を手放してください。

その善悪の概念は、あなたの小さな社会(檻)の中だけで通用するものです。

小さな社会から出て、大きなところへ移行したいと思うのであれば、その小さな

善悪の判断を手放してください。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」


 

自分がどんな波動を出しているかに興味はありませんか?

他人がどんな方向を向いているか

他人がどんな波動を出しているか

そんなことに興味を持つ意味がありません。

なぜなら同じ方向の波動を出している人たちは自然と集まるからです。

その人たちと面白可笑しく暮らせば良いのではないでしょうか?

 

対立のエネルギー。。。本当に痛いんですよ。

当然ながら聖人君子じゃありませんので、

分かっているはずなのに出てしまっている時もあるんですけども。

そんな時は。。。

すんませんした!と謝るしかないですよね。

 

他人の引き寄せ体験ほど役に立つものはない。3000倍、引き寄せる。2 (リンダパブリッシャーズの本)

他人の引き寄せ体験ほど役に立つものはない。3000倍、引き寄せる。2 (リンダパブリッシャーズの本)