読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニギハヤヒのチャネリングメッセージ

Era of Reviving Jyomon 蘇るじょうもんの時代

自らの手で摘み取って初めて収穫祭はやってくる さくや姫からのメッセージ

f:id:terapon1104:20151110232533j:plain

創造とは 妄想の先にある

エネルギー場でのワクワクであり

現実化とは 創造の先にある行動です

行動の伴わない現実化はありません

思考をすれば終わりではなく

行動をして初めて現実化するのです

衝動的に動いてしまう

それはエネルギー場で

創造が済んでいるからそうなります

現実化とは

あなたが種をまき

自らの手を使って収穫を行う行為

そのものなのですから

 

転載元:

ameblo.jp

 

「だからぁ~~、縄文時代ってすごくハイテクだったんだってばぁ~~。

あなた達のテクノロジーに引けも取らないほどとても高度な技術を持ってたのよ~。

決して、原始的でただその日暮らしの狩猟採集の、文化も何も育っていないような時代

じゃないの。

ただ、あなた達から見れば、表面的には地味で原始的に見えるような文化だったかも

しれないわね。

それはね、科学の技術の考え方が、あなた達とは全く違っているからなの。


どっちかっていうと、あなた達の科学技術は金属的で、自然とはかけ離れていく方向へ

行くのが、進歩だと思ってるでしょ。

でも、縄文の子たちは自然の流れに沿って技術を高めていくことが進歩だと思ってた。

縄文の子たちは、自分たちが自然の一部だということを、よくわかっていたから。

自然に逆らう、自然の流れを止めるということは、自分たちも中心からずれていくと

わかっていたから。

だから、自然とともに生きる技術を開発していったの。

ピカピカした文化ではないから、後から表面だけをみれば原始的に見えるかもしれないけど。


彼らは、高い建物も立てないし、ダムを作ったりしないし、ましてや一番の元となる原子に

手を加えたりしなかった。

でも、すべてが波動エネルギーで出来ていることを知っていたから、空中?からエネルギーを

とりだすことも出来たの。

フリーエネルギーね。

フリーエネルギーを使えるからと言って、むやみに機械をつくることもしなかったわ。

機械をつくらなくても、意識でエネルギーを変化させればなんでも出来ることを

知っていたから。


石と共振することで、自分のエネルギーを増幅させ、トランスポートすることも出来た。

テレパシーを使うことも出来たの。

だから、携帯電話も必要なかったわ(笑)

トランスポート出来るから、車も電車もいらない。

そして、何も急がないからそんなに早く移動する必要もないので、近くならば歩いていたわ。

歩いて移動することを楽しんでたのよ。


そして、たくさんの人たちと集団で住んでいたけど、ストレスもなかったわ。

みんな同じような、似た波動の人たちが集まって暮らしてたから、エネルギーフィールドに

触れてもそんなに違和感を感じないのよね。


なにより、一番は所有の概念がなかったってことね。

所有の概念がないから、みんな平等。

変な平等ではなく(みんなが同じことを同じように同じ時間にすることが平等じゃないのよ)

お互い愛と感謝の気持ちで、好きなことを好きなように出来る平等。

わかるかしら?

だから、リーダーなんて存在も必要なかった。

リーダーって結局どう分け合うかと決める人ってことでしょ?

ケンカにならないように、みんなの意見を取りまとめて、判断する人のことでしょ?

それは、だいたい力の強い人になるわよね。

そして、だんだんリーダーがいい思いをする方向へ変わっていくのよね。

それが、いろんな問題を起こしてるって、あなた達の社会を見てるとよ~~くわかるでしょ。


所有の概念がなければ、リーダーなんて必要ない。

みんなのものなんだから、好きな人が好きなだけ使えばいいの。

そして、テラはすべての人(動物も植物も)が、何も困らないくらいとても気前よくなんでも

用意してくれる。

だから、誰かが何かを手にすれば、自分のものが減る・・なんて考えは微塵も起きない。

必要なものは何でも必要な時に必要なだけ、手にはいることを疑うこともなかったわ。

自然は無限に用意してくれるんだから。

有限だと思うのは、所有の概念を持っているから。

力の強い人が、独り占めしようとしているから有限だと思ってしまうだけ。


テラがすべてを用意してくれる、宇宙がすべてを用意してくれる・・それを知っているからこそ

自然を操作しようなんて思わない。

自然の一部として、生きていたの。


縄文の子たちは、とても高い知識と技術を持って、とても豊かに過ごしていたわ。

自然の流れに沿って、抵抗したり、支配・コントロールしようとかなんてこれっぽちも

思っていなかった。

だから、あなた達の時間の感覚で1万年以上も、素晴らしい文明、文化を花開くことが

出来た。


あなた達も、少しハイテクの方向を見直してみたら?

派手なのもいいかもしれないけど、自然から離れたら長くは続かないわよ。

あなた達の社会がはじまって今に至るより、縄文時代の方が長いってことを思い出してね。


そこの違いは、ただ思考、物の見方、考え方が違うだけ。

なら、縄文のころの考え方にかえていけば、また長く続く愛と調和と平和の世界が創れるわ。

あなた達は、どんなにしても自然の(テラの)一部なんだから。

今のようにテラと分離するんじゃなくて、もう一度テラと融合する方向へ、方

向転換してみたら。


あなたを心から愛してるわ~~」

 

テレパシーで話したり、テレポートをしたり。

確かに楽しいことでしょう

 

テクノロジーを否定して高次元領域に暮らす必要もないですし、

高次元領域のテクノロジーが今のテクノロジーより劣っているはずはありませんしね。

 

でも先にすべきことはありませんか?

檻の中にいてはじょうもん時代を思い出すこともままなりません。

 

じょうもん時代の暮らしを 妄想からよりリアルな創造にしてみませんか?

少しずつ叶えていくうちに、

振り返れば大きく変わっている自分に気がつくのです。

 

他人の引き寄せ体験ほど役に立つものはない。3000倍、引き寄せる。2 (リンダパブリッシャーズの本)

他人の引き寄せ体験ほど役に立つものはない。3000倍、引き寄せる。2 (リンダパブリッシャーズの本)