読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニギハヤヒのチャネリングメッセージ

Era of Reviving Jyomon 蘇るじょうもんの時代

楽しいという意識こそが波動を、暮らしを変えてゆく原動力 アシュタールからのメッセージ

f:id:terapon1104:20151105190300j:plain

あなたは変化をしたいですか

それとも変わらずにいたいですか

苦しいけれど頑張るではなく

とことん楽しめるから

変化の原動力になるのです

やらなければならないではなく

やりたくてやるから

夢中になれるのです

誰かを幸せにするのではなく

余力があればそれを

必要な人に分けてゆくから

周りも幸せになってゆくのですから

 

転載元:

ameblo.jp

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

あなたの物質的な体の周りには、目には見えませんがエネルギーフィールドが

あります。

それをオーラと呼ぶこともあります。

これは、あなたのエネルギー体なのです。

そして、そのエネルギーフィールドは自分のエネルギーで満たされている時が

ストレスのない状態なのです。

エネルギーフィールドに自分以外のエネルギーが入ってくると、ストレスを

感じ疲れてしまうのです。


親しい人ならばそんなにストレスにはなりませんが、知らない人などはやはり

かなりのストレスを感じます。

例えば、公園や駅などのベンチに座るときは端っこから座っていきますね。

無意識になるべく距離を置くように座ります。

空間があるのに知らない人の横にべたっと座ることはないですね(笑)

これは、自分のエネルギーフィールドに人のエネルギーを入れたくないからです。


あなたも身体をベタベタ触られたくないですね・・特に知らない人には。

それと同じで、エネルギー体もなるべく触られたくないのです。

反対にとても近しいひと(家族など)は、触られても何もストレスになりません。

子どもなどは、親のエネルギーフィールドの中にいることでとても安心します。


何が言いたいのかと言うと・・

あなた達の社会、一極集中型の社会は人々にとても大きなストレスをかける・・

と言うことなのです。

大都会に人々が集中して暮らすということは、とてもストレスがかかるのです。

人々が集中するということは、常に自分のエネルギーフィールドの中にほかの人が

入ってくるということですから、ものすごくストレスを感じます。

少しの時間ならばいいのですが、それが毎日長時間になるとクタクタになります。

満員電車などは、極度のストレスになります


よく映画などで、未来社会が描かれています。

大きな都市に、高い建物をつくり、車が空を飛び、きれいに管理された社会。


波動のこと、エネルギーのことを知っている科学的にも高度な社会を築いている種族は、

そのような都市は作りません。

そのような社会が、人々に大きなストレスをもたらすことを知っているからです。

高度な進化した社会は、一極集中ではなく適度な距離を持って小さな集落を

作って生活します。

そして、なるべく機械的なものは使いません。

便利なものを求めないからです。

科学的にはとても高度ですので、作ることはもちろんできますが、本当に必要だと

思うもの以外は使いません。

機械に頼らず自分たちでするのです。

機械を使うことが悪いと言っているのではなく、自分の手でいろんなことをすることに

楽しみを見いだしているのです。

過程を楽しんでいるのです。

時間に追われることがないので、何も急ぐこともなく、生活のすべてを楽しむ

余裕があるのです。

そして、土地から(惑星)からエネルギーをもらっていることも知っていますので

なるべく土地から離れないようにしています。

だから、高い建物は作らないのです。

そして、天候を操作したり、山を崩したり、川をせき止めたりなど

惑星のエネルギーの循環を止めることもしません。

惑星の循環を止めてしまうと(手を加えてしまうと)、バランスを崩してしまう

ことを知っているからです。

惑星の循環に任せておくことが、自分たちにとっても豊かに暮らせることだと

分かっているからです。


あなたもストレスを感じる時は、一人になる空間を作ってください。

そして、あなただけのエネルギーで満たされるように意図してください。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」

 

自分を変えようとマインドで意識する必要はありません。

波動を軽くしようとする必要もないんです。

楽しいから行動する

楽しめるから夢中になってしまう

こういう日常の中にいれば

知らないうちにあなたは変わっているからです。

 

他人の引き寄せ体験ほど役に立つものはない。3000倍、引き寄せる。2 (リンダパブリッシャーズの本)

他人の引き寄せ体験ほど役に立つものはない。3000倍、引き寄せる。2 (リンダパブリッシャーズの本)