ニギハヤヒのチャネリングメッセージ

Era of Reviving Jyomon 蘇るじょうもんの時代

自分以外の存在に敬意を持つのと盲信するのとは違う アシュタールからのメッセージ

f:id:terapon1104:20150908221630j:plain

うのみにしないでと教わっているのに

なぜそのまま飲み込むのでしょうか

そしゃくの大切さを教わっているのに

なぜ良く味を噛み締めないのでしょうか

 

その方が安心だからでしょうか

 

その方が楽だからでしょうか

 

ゆったりとした時間を取って

自分を味わって下さい

権威や恐怖に負けずに

流されない自分を持ったとき

あなたは真実を思い出すのですから

 

転載元:

ameblo.jp

 

「すごいですね。驚きました。ある意味、感動すら覚えました。」

・・と、アシュタールに言わしめた出来事がありました。


縄文時代はみなさんは原始時代だと思っていますよね?

って、アシュタールが聞いたんですね.

そしたらみんなが、はい、漁猟採集で毎日食べることだけを考えていた生活、

貝塚をつくるくらいの文明とは呼べないほどの原始的な時代だと教えられました・・って

縄文土器のことはご存じですね?

教科書で見たことはあります。

きれいな土器だと思いませんか?

はい、すごくきれいな土器だと思います。技術がないとあれは作れないと思います。

狩猟採集で貝塚しか作れなかった人たちが、あの縄文土器をつくっていたんです。

文明とは呼べないほどの生活をしていた人たちが、あの縄文土器をつくっていたことに

何か疑問を感じませんか?


・・・・あ~~~、そんなことまったく気がつきませんでしたぁ~~。

そうですよねぇ~~、縄文人は縄文土器をつくっていたんですよねぇ~~、

そこに関連性をまったく持っていませんでした(驚)


そして ここでアシュタールの最初の言葉が登場したわけです。

では、ここからアシュタールのメッセージをお伝えします

「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

いかに考えないように教育されてしまっているか・・ということです。

先生のいうことは絶対だと、何を言われてもそれが正解なのだと、

教え込まれてしまっているので、何も考える必要がなくなってしまったのです。

先生のいうこと(権力者、大人、両親)を信じていれば安全だと思い込まされているので

自分で考える、自分で判断するということをしなくなってしまうのです。


縄文人は原始的な文化を持たない生活をしていました・・って教えられれば素直にそうだと思い込みます。

そして、縄文土器はこれです・・と見せられれば、あ~そうか、これが縄文土器なのですね。

と納得します。

そして、知識としてここで止まってしまうのです。

バラバラの知識だけで、あとはそれを結び付けようとする行為をしなくなるのです。

テストでは必要がないからです。

縄文人の生活は、原始的でした。 ○

(縄文土器と弥生土器を写真を見せられ)こちらが縄文土器です。 ○


これでいいとされてきたので、これ以上考える必要がなかったのです。

ここで上記の疑問を感じることもしなくなってしまったのです。

考えることを放棄してしまう教育をされてきたということです。

ちょっと考えれば、何も文明を持たない、煮炊きもしない焚火くらいの火力しか

使えない人たちがどうしてあの精巧で丈夫な縄文土器をつくれたのか・・不思議に思うはずです。

でも、先生たちはそこに疑問を持たせないように、テストなどで点数をつけるのです。

先生たちもそのように教育されてきていますので、教えている先生たちもそこに疑問を持っていません。

人はよほどのことがなければ、教えられたようにしか教えることが出来ないのです。


あなたが受けて来た学校システムの教育制度は、自分で考えないようにさせるものです。

権力者がいうことに疑問を持たないようにさせる教育システムなのです。

そのことをわかってください。

そして、考えることを放棄しないでください。

そのためには、疑問を持ってください。

権力者たちがいうことに疑問を持ってください。

何か、ん?・・って引っかかることがあればその感覚を大切にしてください。

権力者たちは、彼らの都合のいいようにあなたの思考を操作しミスリードしています。

それを無邪気に受け入れるのではなく、自分で考え、自分で判断すると意図してください。

意図すれば、ん? という感覚が増えてきます。

それが、あなたをその檻の中から出してくれるカギになるのです。

マインドは、今までいた檻の中の考え方しか出来ませんので疑問も持たないのです。


ん?は、マインドの外からのメッセージです。

そのメッセージは感覚でくるということをお伝えします。

ですので、感覚を研ぎ澄ましてください。

感覚に重きを置いてください。

感覚の情報を受け取ることが出来れば、たくさんのことがおかしいと思えるようになります。


考える、判断する・・と言うのは、あなたの持っている大きな権利です。

それを放棄し、他の人に手渡さないでください。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」

 

 

親や特定の世界に行きて来た経験者が伝えてくれる事には、

経験に基づく知恵があります。

ですが必ずそれが自分に当てはまるとは限りません。

 

伝えてくれようとしている内容の本質を掴んだ上で、

(相手を敬う気持ちを持った上で)

自分にとってはどうなのかを考え、腑に落ちた内容なら受け入れる。

そうでなければ棚に上げておく。

それが個性を生きる事になると思います。

 

逆に何も掴もうとせずに反発したのでは、頑なだけで自分は変化を止めてしまうでしょう。

ハートがふんわり柔らかな状態で日々が過ごせますように。

 

3000倍、引き寄せる。 (リンダパブリッシャーズの本)

3000倍、引き寄せる。 (リンダパブリッシャーズの本)