読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニギハヤヒのチャネリングメッセージ

Era of Reviving Jyomon 蘇るじょうもんの時代

ゆっくり愛を語る時間すら取れないのならばハートが枯れて当然 さくや姫からのメッセージ

f:id:terapon1104:20150830222334j:plain

なぜ自分に自信を持てないのでしょうか

根拠の無い自信は

信頼に足らないものなのですか

科学的に証明できないからですか

自分に自信が無くなるように

保証が無ければ信用しないように

構築されてきた社会から出たのであれば

真偽は総て自分の中にある事を

思い出して下さい

自分のハートにゆったり浸りましょう

何ものにも侵されないそこに居れば

揺らぐ事の無い安心が得られるのですから

 

転載元:

ameblo.jp

「確証よね、確証が欲しいのよ。

証拠とでもいうのかしらね・・結婚制度の悪影響よね。

結婚制度は契約でしょ? 感性は関係ない。

だから、感性では分かっててもそこにもう一つ確証が欲しいって思うの。

そして、不安。確証がないと不安で仕方がないのよね。

口ではっきりと宣言してもらうことで安心だと思うわけ。

確証がないと、怖くて仕方がないのよ。

だって、自分を好きでなくなったり、他の人を好きになられたら、

面倒をみてもらえなくなって食べていけなくなるでしょ?

自分で自立していないから、怖くて仕方がないってこと。

怖くて仕方がない、不安で仕方がないから、いつも確かめておかないといけないって思う。

それもしっかりと言葉で宣言してもらわないと不安はぬぐえない。

それにもう一つ、言葉で宣言してもらうって事は他の人にも聞かせてるってこと。

よく人前で宣言するでしょ・・あれは、所有権を示してるってことよね。


これは経済的なことだけじゃなくて他のこともそう。

経済的に自立できても、精神的に自立していないと、

自分一人では生きていけないと思っちゃってるから不安で仕方がなくなるの。

この人が自分から離れてしまったら、もう生きていけない・・

って依存から不安が出て来る。


それに言葉にしないと信じられないって言うのは、相手を信じてないってことにもなるわね。

自分を信じてない人は、相手も信じられないから。

だから、いつも不安で仕方がなくなるのよ。


ちょっと余談になるけど、婚姻届けも同じね。

一番の宣言だから、一番の確証だと思ってるから。

だから、結婚すれば安心だと思い込んでしまうの。

で、もう大丈夫だと思うからどんどん相手に興味を失ってしまう(笑)

もちろんそうじゃない人もたくさんいるわよ・・みんなじゃないけどね・・

でもそういう話よく聞かない?(笑)


すごくイヤな感じの話になっちゃったけど・・結局はそういうことなの。

自立してて自分に自信のある人は、自分の感性を信じられるからいちいち口にださなくても

信じることが出来るでしょ?

そして、自分の好きな人のことも信じ切れる。

そして、自分で自分を楽しませることが出来るから、自分で幸せになれるから、

パートナーと離れても何も困らない。

パートナーを束縛しようなんて思わないから、お互い自由で風通しのいい関係を築いていける。

だから、もっと一緒にいたくなるの。


自立していない人は、不安からパートナーを束縛しようとしてしまうでしょ。

いつもいつも言葉にしてよって言われたり、行動も監視されたりしたら、苦しくなって

逃げ出したくなるわね。

だから、うまくいかなくなることが多いのよ。

これは女性のことだけを言ってるんじゃなくて男性も同じよ。


だから、いいパートナーシップを築きたいと思うならば、お互い自立することね。

自立するには、自分の楽しいこと、好きなことをしてればいいってこと。


あ、だからって・・好き、愛してるって言わなくてもいいって言ってるんじゃないからね。

本当に心からそう思って、言葉にしたいって思えるときはどんどんはっきり

愛してるよ、好きだよって言い合ってね。

それはとても気持ちのいい言葉の波動だから、とてもステキな愛のエネルギーの

交流なんだから、どんどん言葉にして楽しんでね^^


不安からの言葉の要求は、お互いの関係を重くしちゃうから気をつけてね。


これで答えになってる?」

 

 

日本男児たるものなんて刷り込みもありますよね。

シャイだからなんて人も居るみたいですしね。

女性は俳優さんのように格好よくスラッと語れた方が良いんですかね?

何にせよ、

お2人の時間をちゃんと取るって事を忘れないようにして下さいね〜。

 

3000倍、引き寄せる。 (リンダパブリッシャーズの本)

3000倍、引き寄せる。 (リンダパブリッシャーズの本)