ニギハヤヒのチャネリングメッセージ

Era of Reviving Jyomon 蘇るじょうもんの時代

あなたの世界の創造はあなたの空想から始まる アシュタールからのメッセージ

f:id:terapon1104:20150721021806j:plain

空想は無意味な時間潰しでしょうか

現実からの逃避なのでしょうか

あなたの思念が作り出す

創造の世界がそこにあるのです

花が咲き乱れる世界が好きならば

凛とした空気の野山が好きならば

深い碧の海の中が好きならば

そこにあなたのはーとを広げるとき

そこにあなたは居るのですから

 

転載元:

ameblo.jp

「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

波動が軽くなってくると、思考を飛ばしやすくなります。

そして その思考を受け取りやすくなります。

テレパシーが使えるようになるということです。


でも、使い慣れていないうちは気をつけてくださいね。

自分の思考と、誰かの思考をしっかりと認識出来ないと訳が分からなくなります。

突然 思ってもないことを考えてしまう・・と言うときは、それが自分の思考かどうか

見直してください。

感情もそうです・・感情もエネルギーですから、人の感情を受け取ってしまうこともあります。

今まで何もなかったのに、急に悲しくなったり、イライラしたりする時は、それは

あなたの感情ではなく他の人の感情を受けてしまったと思い冷静になってください。

それに振り回されると、パニックになってしまいます。

あなた達が言うパニック障害と言うのもそれが原因の事が多いのです。

たくさんの人がいるところに行くと、そのたくさんの人が放出している思考、感情が

渦巻いています。

あなた達の社会はストレス社会ですので、ほとんどの人はあまり楽しい思考、感情の

エネルギーは放出していません。

粗く、重い思考エネルギー、感情エネルギーが渦巻いているのです。

そんなところに 無邪気に入ってしまうとそのエネルギーを受け、巻き込まれ、

振り回され、訳が分からなくなってパニックになってしまいます。

それが身体に出てしまうのです・・それがパニック障害と言われるものです。


そういう時は、とにかく落ち着いてください。

深く息をして、「これは私の思考、感情ではありません、手放します」と宣言してください。

そうすれば、それらのエネルギーを切ることが出来ます。


テレパシーが使えるようになると楽しいですが・・慣れないうちは気をつけてくださいね。

しっかりと繋がる相手を意識して使って下さい。

エネルギーがしばらく残ることもあります。

たとえば 電車で誰かが座っていた椅子にも、その人が立って行ってしまったあとも

しばらくその人のエネルギーが残ります。

その人がすごく怒っていたりしたら 鋭く重いエネルギーが残っているのです。

そこに、すぐに座ってしまうとその感情エネルギーを受けてしまうことになります。

受けると、自分も同じ感情になるということです。

意味が分からないけど腹が立つ・・とうことになるのです。

そういう時は、先ほどと同じように「これは私の感情ではありません、手放します」と

宣言してください。


共振も一種のテレパシーです。

ですから とても悲しんでいる人に同情はしないでください。

同情するということは、読んで字のごとく同じ感情になるということです。

同じく悲しみを共振する、共有するということです。

ですから 二人して悲しくなるということです。

二人で悲しみを共振、共有するとその悲しみが二人の仲を循環しますので悲しみから

抜け出せなくなるのです。

ですから、同情は止めてください。

同情は優しさではありません!

それは 溺れている人を助けようとして自分も飛び込むのと同じことです。

溺れている人はパニックになっていますので、何かにしがみつこうとします。

どんなに泳ぎが上手な人でも、パニックになっている人にしがみつかれたら溺れてしまいます。

そして、二人とも溺れてしまうことになるのです。


そうではなく、溺れている人に大丈夫だから力を抜けばいいよ・・と教えてあげてください。

その声さえ耳に入らないようでしたら、しばらくそのまま見守ってあげてください

(これは同情ではありません)

しばらくすると疲れて力が抜けてきます。

力が抜ければ、身体は勝手に浮いてくるのです。

そうしたら、泳ぎ方を教えてあげてください。

溺れている人は、自分で浮いて泳ぐ力があるのです。

ですから 一緒に溺れるのではなく、自分で出来るということを伝えてあげてください。

依存ではなく、自立を促すのです。

同情は依存をつくってしまいます。


話しが逸れてしまいますが・・あなた達が”うつ”だと言っている症状も同じです。

”うつ”の人の同情し、その感情を共振すれば、なんでもなかった人にも”うつ”の

症状が出てきます。

それが うつは移る・・と言われる所以です。


テレパシー、共振は、包丁のようなものです。

人を傷つけることも出来ますし、人を楽しませ、幸せにする料理を作ることも出来ます。

あなたはもうテレパシーが使えるということを自覚してください。

すこし出来たことを偶然だ、たまたまだと思わずに、テレパシーが使えた!と思ってください。

そうすれば、テラパシーを使うことに自信が出来て来て、それを信じることが出来るようになります。

そしたらもっと使えるようになってきます。


テレパシーの事が分かるようになると使い方も思い出してきます。

テレパシー、共振を楽しい方向で使えるといいですね。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。」

 

あなたの思念が周りに影響を与える事をしっかりと認識しましょう。

柔らかい優しい雰囲気は周りも幸せにしますし、

尖った厳しい雰囲気は周りを緊張させます。

 

親しい人を思い浮かべるだけで、その人の状態が分かる。

これは特別な事ではありません。

思念を感じる事が楽しいからと、箱の中にむやみに手を入れないでくださいね

 

3000倍、引き寄せる。 (リンダパブリッシャーズの本)

3000倍、引き寄せる。 (リンダパブリッシャーズの本)